伝統はモダン Tradition IS Modern 仙台箪笥と小さな道具100展

仙台箪笥と小さな道具100展

7月に入りました。

深川東京モダン館では7月1日(金)~3日(土)の3日間、「伝統はモダン Tradition IS Modern 仙台箪笥と小さな道具100展」が開催されてます。

この展示は東日本大震災の復興を祈念して、宮城県の伝統工芸品である仙台箪笥や箪笥職人が制作した生活道具を五節句のしつらえとともに展示しています。展示作品の物販や抹茶や仙台菓子の喫茶営業も。

私も昨日行ってきました。

とても素敵な展示で、大盛況。
すべて手仕事で作られた仙台箪笥はとてもすばらしいものでした。(私にはとても手がでませんが・・)

私は便利そうな菜箸をゲットしました。桐のまな板も欲しかったなぁ。

いつもはカウンターでコーヒーを入れている私ですが、お客としてカウンターに座ってお茶をいただくのはなんとも不思議な気分でした。
九重という珍しいジュース?をいただきました。
ちなみに九重とはは細かなあられ球の粒々に柚子、ぶどう、緑茶の風味をつけた糖衣を絡めたもので、袋から粒々を取り出し器に入れた後にお湯または水を注ぐと、糖衣が溶けて水に美しい色をつけ、あられが浮かびあがってきます。粉末ジュースのようなユニークな和菓子とのことです。

今回の喫茶コーナーのコーヒー、お抹茶、おやつはすべて仙台のものだそうです。

この機会にぜひ!

最終日は16時までです。

抹茶セット 800円
コーヒーセット 700円
震災復興コーナー
カテゴリー: ときどき日誌   パーマリンク

コメントは受け付けていません。